スクールについて

グレースシューズでの勉強風景グレースシューズの教室は、靴メーカー40年を経て、様々な知識・経験・技術を身に付けて、1998年に創立しました。

当時、靴職人が減り、習う若者が衰退しました。
そこで金を残すより、人間を残したいと考え、一人でも多くの若い世代に技術を伝えたいという気持ちから靴教室を造りました。

今、若者はあらゆる面で素晴らしく良い感性を持っています。
私自身、若者に教えられる事が少なくありません。
しかし、技術を金で買おうと考える人が多い、身体で覚えようとしない。
物造りは体で覚える事が大切だと、当教室は考えます。

机の上でどんなに上手に書いても靴は出来ない。1足でも多く根気強く作れば勝手に技術は上手になるはず、そんなに難しい事ではありません。

自分で考えて、一つ一つが仕事と思い、大切に作業をする事で靴は出来上がります。

今の靴は簡単、初めての方でも、1〜2ヶ月も有れば充分出来ます。
一人一人、デザインに合わせて指導しています。

グレースシューズ教室には短期間 (1〜2ヶ月) で靴の作り方習得して、独立している人が全国に沢山います。

技術を身に付けた後は、どこかに勤める事ばかり考えず、自分で独立をするという事を考えてほしいと思います。それだけの技術・知識・経験を得る事ができるのですから。

一日でも早く独立する事を考えて、そして社会に出て活躍して欲しいと願っています。

グレースシューズ